2019年1月13日日曜日

2月の料理教室

1月は茶会、2月から、教室開始です。

薬膳も10年が経ちました。
学んできたことを反芻し、また上書きしながら、様々な食材を紹介してきましたが、今年は、「原点に帰る」を心に置いて「基本の料理を美味しく作る」をテーマに展開して参ります。薬膳力を生み出す食材のチカラにも、これまで以上にフォーカスし、よりエネルギー(カロリーではなく生命力のエネルギー)のある食材を使っていきたいと考えています。

そこで、私が料理の師と仰ぐ、「知味・竹爐山房」の山本豊シェフの折々の言葉を改めてここに書き留めておきたいと思います。

  「土とお日様の恩恵を受けているものこそが “食べ物”」

  「自然の恵みこそが美味しさ」

  「食べることは、食材の “気”を取り込むこと」

  「季節に敏感に、旬な食材に宿る自然界の“気”を調理する」

  「火を入れても新鮮」


真っ当な食材が、少なくなった気がします。
私達の生命力も比例して弱くなってる!??

いえ、まだまだ〜〜〜っ!
 
   そんな訳で、2月は、活き車エビを使って、本当の、エビチリ。
   ピチピチ跳ねるエビと格闘ですw。
   中華鍋で、香り高く、作りましょう♪




     2019年 2月6日(水)、9日(土)、10日(日)10:30~14:30




2019年1月11日金曜日

迎春茶会@MUNI


 折々に、企画している中国茶会@MUNI。

今回は、ゆったりと1日1回の開催です。
懐かしい顔、新しい出会いが入り交じりそうな予約状況。
MUNI絨毯ギャラリーの空間は、私にとって、心をニュートラルにリセットしてくれるオアシス。数字で表現するなら「0(ゼロ)」スポット。

私の第二の故郷フィラデルフィアには、Zero Moving Dance Companyというのがありまして・・・自由に羽ばたくベースは、ニュートラル=ゼロでいること。そんなコンセプトのちょっと前衛的なモダンダンスカンパニーです。
好きでした。
このカンパニーの創立者ヘルムート・ゴッチャイルド氏は、抽象的なものも、音も、体の動きにのせることができるアーティスト。ドイツ系移民で、私の大学の恩師でもありました。体のニュートラル=「ゼロ」のポジションは、体幹・・いや、丹田がバシッと定まっていてこそ。ゼロ=無は、fullfillな可能性に溢れているという訳です。

MUNIギャラリーは、唯一無二の名前に負けず、軸があって中庸であって、皆にとって心地良い場所。ゼロ。

さて、今年は私もゼロに帰ろう。
そんな気持ちで、初茶会です。



2019年1月10日木曜日

 『料理全書』主婦の友社



今は賀状で健在ぶりを知り得るだけになったある方から、一冊の本が届きました。
昭和30年刊行。
戦後10年で、これだけのものを作っていたことに驚きです。
どんな思いのもとに、この本はつくられたのでしょうか。
平成も終わろうとしている今、古典になっていく昭和のエネルギーを噛みしめつつ、本に込められたメッセージに思いを馳せる。






2019年1月4日金曜日

タルトタタン


大抵のフルーツは、そのまま食べる方が好き。

でも、リンゴは・・・リンゴだけは、こうするとそのもの以上に美味しいものに昇華する気がします。

タルト・タタン。

フランスはオルレアン、ソローニュ地方のホテル・タタンで、タタン姉妹の失敗から生まれたお菓子といわれるけれど「失敗してこんな風になるもんかい!」と、私は密かに思っているのよ。

実際、タルトタタンのような、裏返すタイプのタルトは、もっと昔からあったのだという。大きめにカットしたリンゴを煮て、リンゴから流れ出たペクチンを煮詰めて、ぎゅっと締まらせ、サックサクに焼いたパイ生地を蓋にしてのせてて仕上げます。

タルトタタンは、「時間が美味しさを作る」代表的スウィーツのひとつ。
あーだ、こーだと語り合いながら、じっくり味わいたいねー。





2019年1月3日木曜日


あけまして おめでとうございます

今年も どうぞ宜しくお願い致します。