2019年5月13日月曜日

ポルトガルのお菓子 2

※ゴメンナサイ!写真は、楽天のネット販売・商品の写真を拝借しています。


16世紀から17世紀に掛けポルトガルから日本に伝わったお菓子たち。

カステラ(Pão-de-ló / パン・デ・ロー)、ボーロ(Bolo/ボーロ=「ケーキ」の意)、金平糖 (Confeito / コンフェイト)、カルメ焼き(Caramelo / カルメラ)、飛龍頭(フィリオース/Filhós)、鶏卵そうめん(フィオシュ・デ・オヴォシュ / Fios de Ovos)、ビスケット(ビスコット/ Biscotto)。
それから愛媛・松山の一六タルトも、実はポルトガルにルーツがあるらしい!

ポルトガルには、Torta de Azeitao(トルタ・デ・アゼイタオン)と呼ばれるロールケーキがあるのだそうで、一六タルトが一六ケーキと言わずトルタ(タルト)になっているのはその名残。ジャムが柚子餡に代わり、すっかり日本の顔になったお菓子なn。
    ※参考:『世界の郷土菓子』林周作 著 /『世界のお菓子』鈴木文 著
    ※ "Torta"は、ポルトガル語でロールケーキを指す。

飛龍頭が、元祖はお菓子だったというのも意外な驚きですが、「揚げ物」がまだ珍しかった頃伝わった揚げ菓子が、いろいろに派生した!?と捉えると、どうにか腑に落ちます。

それから・・・カルメ焼き(カルメラ)という名前には、「砂糖を焦がした(カラメライズド)」ものであることがわかりますが、カルメ焼きは、砂糖を煮詰めて色づき始めたところに重曹を加えて作ります。砂糖にバターやミルクも加わると、1粒300メートル(森永キャラメル)のキャラメルに!?? 

お菓子のルーツが気になるけれど、調べるのは一筋縄ではいかなさそう。知っている僅かな知識を繋いでしまうのは少々乱暴かもしれませんね。

さて、砂糖のお話を少し。

これらのお菓子が生まれた時代、世界でお砂糖は、金銀と同じぐらい貴重なものだったようです。
12世紀に砂糖の精製技術が発明されてから400年、この頃には既に白砂糖が世界各地に出回っていましたが、その量は、まだまだ稀少。砂糖の白色と稀少さには、甘さ以上の神聖さも加わったといわれます。

ポルトガルの王女キャサリン(カタリーナ)・オブ・ブラガンザ(1638-1705)*は、イングランド王チャールズ2世に嫁ぐとき、いち早くポルトガルが手にしていた北アフリカやインドの植民地の一部と持参金に加え、沢山の砂糖とお茶を持ち込んだといいます。
キャサリン王女がイングランドへ嫁ぐ頃は、スペインからの独立を果たしていましたが、まだイギリスの援助が必要で、これは友好の証しの輿入れだったという訳です。
(※中世ヨーロッパについては、様々な事情が交差していて複雑なので、なかなかシンプルにはまとめきれませんが、これはかなり荒削りな言い方であること、ご了承下さい。)
そんな事情ですから、この持参金は、さぞや気合いが入ったものだったはず。
チャールズ2世は、これらに大変ご満悦だったとか。

この時割譲された植民地が、後に7つの海を征する大英帝国の繁栄の原点になるのかと思うと、うぉぉ〜〜〜)))思わずひとり、呻ってしまいますw。

王妃となったキャサリンは、持参した紅茶と砂糖で王侯貴族をもてなし羨望を集め、紅茶交流に紅茶外交。ここから、紅茶の国イギリスが始まったのです。
キャサリン・オブ・ブラガンザは、イギリスに喫茶文化もたらした人物としても、歴史に名を残しています。


キャサリン・オブ・ブラガンザの婚姻については、『イギリスの王室』石井美樹子・著 参照。 


0 件のコメント:

コメントを投稿