2019年5月5日日曜日

ポルトガルのお菓子(マカオ) 1

食談儀へ入りたいと思います。

ポルトガルといえば、やっぱりお菓子のお話から。日本にも浸透しているカステラや金平糖、ボーロなど、これら皆ポルトガルから伝えられたもの。

甘いものでまずは胃袋を掴んで、布教活動ということなのか、カトリック教会あるところに美味しいスウィーツあり。

これらのお菓子もそうなのかな??

まずは「カステラ」をさぐってまいりましょう!


マカオのブロア・カステーラ
カステラの原型は、パン・デ・ロー(PÃO DE LÓ)。でも、名前に「カステラ」とあるのは、「ブロア・カステーラ(Broa Castelar)」という、姿形が全然異なるお菓子。

マカオには、パン・デ・ローはありませんが、ブロア・カステーラがありました。
アーモンド、オレンジ、ココナッツ、蜂蜜、卵、スウィートポテトの餡には、ほのかにシナモンが香ります。
餡の密な濃さと、油脂と小麦粉の皮の感じが、ちょっと月餅のニュアンスにも近い。だから月餅好きの私はこのお菓子を直ぐに気に入りました。紅茶の気分の時も、中国茶が飲みたいときにも、どちらにもフィットする懐の深い美味しさ♡。お菓子の中の西洋と東洋両方のニュアンスを持つ魅力的なお菓子です。

カステラについては、その名前の由来などなど、後実また追記することにしますが、今日はもうひとつ、ブロア・カステーラと印象が重なる琉球菓子をちょこっとご紹介しておきます。



「桔餅 / 橘餅(きっぱん)」

『琉球菓子』安次富 順子著より「きっぱん」
桔餅(きっぱん)は、18世紀初頭までは大陸からの琉球王国へのお土産として取り扱われていたお菓子だそうですが、琉球でも作られるようになり、やがて琉球菓子として定着していきました。

ブロア・カステーラと、ちょっと似た印象なのですが、こちらは元大陸のお菓子で、ブロア・カステーラはポルトガルのお菓子。
地球の反対側に、あるいは反対側から伝わった・・・ということは、ちょっと考えにくい気がします。歴史を鑑ると、用の東西を問わず、人間は何千何万キロ離れて同じようなものを同じような時期に考えていたりすることが多々あるもの。誰かが伝えたとか、どちらが先かということではなく、お菓子にもそんなことが起こったのかもしれません??

一方で、琉球菓子や鹿児島のお菓子には、明らかに中国や韓国から伝わったらしき気配がムンムンです。

久しぶりに、きっぱんを取り寄せ、“ニュアンス”を確認したいな〜。)))


0 件のコメント:

コメントを投稿