2022年8月13日土曜日

セイロン紅茶とスリランカ

 1990年代後半。今思えば、あれもひとつの“ブーム”だったのでしょうか。
豊かな品揃えの紅茶専門店が楽しくて。
当時、好奇心が先行して前のめりの私は、度々通って「ここのお茶、全部制覇しちゃうぞ!」と、本気で思っていたものですw
今は「制覇する」なんて言葉の薄っぺらさに恥ずかしさばかりですが。

バラエティーを遊ぶお年頃を過ぎ、ここ十年以上はずーっと、神田神保町のティーハウス・タカノさんのヌワラエリヤを飲んでいます。
タカノさんは、多種をそろえるのではなく「今年はコレ!」と、味の絶対値でもって買い付けられるのです。だから品揃えは10種に満たない。でも、その中に、ストレートで美味しいもの、ミルクティー用、スパイスティーや煮出しチャイ用それぞれのベストが揃っているのです。
嗜好品ですから、客観的に「ベスト」といえば、もっといいもの、高級なものはいろいろあると思いますが、今風に言うとSDGsな価格と美味しさのものが揃っているのです。

5〜6月、ダージリンのファーストフラッシュ、続いてヌワラエリヤ入荷のお知らせというのが恒例。

が、今年は未だ船荷が着かない・・・とか。
手元の茶葉が少なくなってくると、途端に当たり前の美味しさが貴重なものになってきました。
7月5日のスリランカ「破産宣言」からひと月。現在、スリランカはどんな様子なのでしょう??

同じ味が頂けるってことは、平和ってことなのですね(!)。

17世紀以降、ポルトガル - - - - オランダ - - - - イギリスと、支配の上塗りを重ねられてきたスリランカ。
イギリスの支配は「胡椒の後に、唐辛子が来た」と表現されるほど「辛い」ものだったという。
プランテーションもコーヒーから紅茶へーーー。

写真は、10年前、スリランカ・ヌワラエリヤを訪れた時に宿泊した
チューダー様式のホテル(=元イギリス人の館)に飾ってあった写真です。










2022年8月7日日曜日

9月の料理教室

 皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

まだまだ猛暑が続きそう・・・!

9月は、ドカーンと疲れが出そうな予感もします。

そんな訳で、テーマは「滋陰補腎の養生ごはん」。

夏の疲労がたまった体に優しいお料理をーーー。

実は、料理教室を始めてから「初」のフカヒレです!

フカヒレは、特別なお料理ですが、ご家庭でも美味しく頂けます。
いろんなものがお取り寄せ出来るようになった時代の、こんな活用法いかが??
というご提案も♪
少しずつですが、召し上がって頂こうと思う次第です。

秋〜冬、補陰補腎に繋がるお食事に仕立てて展開予定です。
是非、ご参加下さい♪


●日時:9月 3日(土),4日(日),10日(土),11日(日)
    10:30~14:30


●内容:
「補陰補腎養生ごはん」

   ・客家擂茶(←7月より繰り越しの一品)
   ・老虎菜
   ・季節の野菜炒め
   ・フカヒレ 湯葉トロ煮込み
   ・桑甚ごはん
   ・極上中国茶(※ワンランク上の中国茶)
   ・季節のプチデザート


2022年7月23日土曜日

芥子漬け


 

7月教室の一品だった芥子漬け。

  お鼻、ツーーーン
  お目々、ヒリヒリ

この「ツーン」が苦手な方、10人に1人ぐらいの割合でいらっしゃるようにお見受けします。
私はこのツーンに挑みながら刺激を頂くのが大好きで、いつも芥子&山葵は増量ぎみ。
芥子の揮発成分を鼻腔に入れないよう、スー、スー、スー・・と小刻みに鼻から息を吸いながらいただきます。芥子や山葵が苦手な方は、この呼吸が苦手なんでしょうねえ、きっと。
芥子の「ツーン」は、配糖体から生じるアリルイソチオシアネートという物質によるものらしく、ワサビや大根にも含まれる成分で、殺菌力にも通じる。

香る美味しさ。

料理の美味しさの半分は嗅覚が担っていると思うのですが、芥子漬けの美味しさは、この常識を覆す食べ方で尚人気を博している!? 芥子、タダモノではないゾ。

そこで、ちょっと芥子のお話を。

芥子には、黒、白(黄)、オリエンタルの三種があるとされています(SB創業者 山崎峰三郎氏の著書による)が、黒白2種として扱われていることが多いです。ホールスパイスを売る店頭でも白(黄)、茶色の2種類だけ。アブラナ科のこの植物は、古くから世界各地で活用されているので、もう原産国がどこだか分からなくなってしまっていますが、恐らく東地中海沿岸辺りではと言われています。
"マスタード(Mustard) "としては、白いディジョンマスタードかソーセージに添えられる茶色の粒マスタード。
南インドでは、スタータースパイスとしてブラウンマスタードシードをクミンと一緒に熱した油に加えてパチパチ弾けさせて香りを引き出すのがカレーの基本。
日本の練り芥子には、ウコン(ターメリック)が加えてあるから黄色いけれど、本来はディジョンマスタード同様もっと白っぽいもので、これが本来は「オリエンタル」種といわれているタイプのもののようです。

唐代にインドへ旅した玄奘(三蔵法師/AD600~664)の記した『唐西域記』には、芥子には神力が宿るといった記述があるそうです。中国にはインドから伝わり、インドのそれもひょっとしたら地中海沿岸あたりから広がったものかも(またその逆かも?)しれません。
魏晋南北朝の6世紀の農業書『斉民要術』に芥子菜のことが「胡芥」「蜀芥」と記載されていましたから、唐代以前には西部ですでに栽培されていたようです。
そしてその芥子が、7世紀には遣唐使によって日本に仏教と共に伝わり、加持祈祷に用いられるようになっています。
源氏物語(10-11世紀初頭・平安中期に書かれています)の「葵の巻」と「手習の巻」にも、芥子焼きのことが語られています。
(光源氏の正妻・葵の上を悩ませていた生き霊を調伏するための加持祈祷で炊いた芥子の香りが、六条御息所の衣に染みついて消えなかったとあります。)

古の人々が芥子の「ツーン」を楽しんでいたかどうかは不明ですが、何やら世界中の人々のDNAに組み込まれていそうな普及ぶり。あらゆるお料理に幅広く使えるキャパも、古句から親しまれてきたから故といえそうです。

芥子。不思議な魅力を秘めた代物です♪


あ、芥子漬けは・・・いっぺんに沢山仕込むと危険ですよ。

*芥子(白芥子)
 性味/帰経:温・辛/肺 
 化痰類 温肺袪寒(理気散結、寒性の席、喘息、稀息 稀痰など)
     通経止痛(関節疼痛・麻痺・陰痰) 食欲不振に。



2022年6月27日月曜日

 7月の料理教室

今年は梅雨が短く、長い夏になるとか!?
梅雨も大変ですが、猛暑が長いのは、ちょっと覚悟が要りそうです。
脾胃を労る体に優しい、気負わず作れる飽きの来ないお料理で、乗り切って参りたいと思う次第です。
あっさり和食には、落とし穴があります。
それは市販のモノに頼ると知らず知らず摂取することになってしまうリン酸塩や甘味料が含まれがちだということ。
真っ当な調味料を使うことは、腸の健康にも直結しています。

そこで、今回は、少し調味料についてのレクチャーを増量した内容に。

 
テーマ:調味料と添加物 ① さ・し・す・考察
     調味料検証レッスン♪

お醤油(と味噌も?)にフォーカスし、猛暑を乗り切る調味料を作ります。
夏の美味しい一汁三菜の和定食と共に♪

 <内容>
 ◎台湾擂茶ーーーミネラルサプリ食としての知恵。

 ◎江戸前調味料「煎り酒」作り  ※お持ち帰りアリ♪
 ◎出汁醤油ベースの調味料(めんつゆも作れます!!)

   <一汁三菜の和定食>
  夏野菜の和え物
  山芋の和え物
  魚介&煎り酒カルパッチョだれ / お肉の冷製  和のタレで (カルパッチョダレ)
  お味噌汁(納豆汁?)
  ごはん
  ちりめん山椒  & 香の物
  デザート(葛きり&梅蜜?)
  美味しいお茶

  ※豆かんてんお取り寄せの頒布

2022年5月14日土曜日

6月の料理教室



 スイスイ季節が移ります・・・
そう感じるのは、歳のせいか!?
さて、梅雨入り間近の教室では、スパイスの出番でしょう!
昨年は流通が止まっていたインドの美味しいカレー粉も入荷が確認できました!
ここはやっぱり美味しいカレーでしょ♪
これまで色々なカリーをご紹介して参りましたが、今回は、県外からの
お客様にも食べさせたくなる檸檬カリーをご紹介します。
今年も夏バテ知らずでお過ごしになれますように。


 ● テーマ:「柑橘バラエティー」
      〜 カレーバージョン 〜

 ● 日時:2022年 6月 11(土), 12(日),    18(土),    19(日)
                   10:30~14:30

 ● 料理内容:
   ・羅漢果でコーラ 
   ・カチュンバル
   ・野菜のマリネ
   ・レモンカリー
        ※インドの梅干し  “ニンブカ・アチャール
   ライス
   ・羅漢果のデザート
   ・菊花プーアール茶

 ※料理は一部マイナー変更がある場合があります。ご了承下さい。

 ※カレー粉予約受付(締め切りは5/15)。
   50g 瓶入り@700円(対象:会員様のみ)
 ※パコラミックス粉 予約受付(締め切りは5/20)。
  @300円(対象:会員様のみ)

2022年5月10日火曜日

瑞雲茶会 → 端午薬食茶会 2022


 恒例の茶会@MUNI広島ギャラリー。

1月から延期になっておりましたが、名前&テーマを変えて、催行となりました!

今回は、1月に既にお申し込み頂いていた方を優先予約とさせて頂きましたので、残席、19日のお席が2席のみとなっております。(ゴメンナサイ!!)


この度は、茶樹のルーツが味わいと共に楽しめる構成となっております。

お米と麦を切り口に2種の点心、乾菓もご用意しております。


この3日間、フィナーレのお茶をどれにするか悩みに悩んでおります。)))